INSEAD

ビジネススクールとして、世界トップランキング。
2016年、2017年ともにFinancial TimesのMBA Programmeランキングでは世界1位にランクされました。
パリの他に、シンガポール、アブダビにもキャンパスがあります。

学生層

‘人’重視を理念に掲げているだけあり、インタビューを2回して学生を受け入れている、という‘人’重視の選考方法をしているので、学生のプレゼンテーションは本当にすばらしい。さすがInseadといった感じがします。 中には、学歴が満たない方や経験が少ない方などもいるそうですが、そのような方が、Distinctionを取って卒業された、というぐらい成功する人を見抜く力を持ったスクールです。

‘人’として、他人に思いやることができるキャパシティーがあるタイプが多く、また、スクールもそのような一般的に考えて、コミュニケーション力に優れているタイプを好み、逆に一人でばりばりやっていきたい、というようなあまり協調性の無いタイプは、スクールにはあわないかもしれません。ただし、一人で仕事ができることと、協調性が無いことは別で、責任感があり、物事をやりぬく力のあるタイプ、他の学生に貢献できるという意味ですので勝手に助けてくれるのではないか、などという甘い考えや変なチームワークを期待してはいけません。

学生の構成は大変多様で、550人の学生が約90カ国から集まっています。職歴も2017年は女性の割合は34%、平均年齢は29歳で、平均就労年数は6年となっています。

学校の雰囲気

パリから電車で30分ぐらいいった美しいフォンテンブローの森林地域にあります。静かで、少し行くとハイキングなどに適した森林が広がっており、パリからの観光地としても有名。

スクールの施設は整っており、大学系ビジネススクールのように広大で蔵書が渦高くつまれている、という状況ではありませんが、機能的でビジネス教育をするには充分な施設が整っています。企業研修などにも使われるため、充分な施設と全てのスタッフの対応がよいです。さすがにフランスだけあり、学食も国際色豊かでおいしい。

もともとの創立が1959年にアメリカのハーバードビジネススクールの卒業生などがヨーロッパに設立したビジネススクールのため、いまだに、ハーバードとのネットワークがあり、図書館の使用などもできます。アジアの拠点は、シンガポールになるため、欧州、アジア、アメリカと主な地域を網羅した戦略をはかることができそうです。

強い分野

International
企業とのネットワークが確立している
実践的プログラム

Strategy
Finance
Technology
Entre=E-business

プログラムはすべて英語で行われますので、フランス語を入学前に話せる必要はありませんが、3ヶ国語を話せることが卒業要件になっています。多くの日本人学生は英語と日本語はOKなのでもう一つの言語としてフォンテンブローキャンパススタートの学生はフランス語を、シンガポールキャンパススタートの学生は中国語を学習していることが多いです。

卒業生は152,000人おり、コース終了後、世界170カ国以上に散らばり、まさに世界をまたいで活躍しています。

プログラム

1月スタートと9月スタートがあります。どちらも同じカリキュラムをこなすのですが、1月スタートだと7、8月の夏休みがあるのでインターンをやるチャンスもあります。10ヶ月のインテンシブなプログラムで、特に個々のリーダーシップ育成のためのPersonal Leadership Development Programme が特徴的です。クラス全体の人数は多いですが、国籍やキャリアバックグラウンドの違う学生達5、6人からなるstudy groupsでの活動を通して、学生はglobalな経験を身につけていきます。

またフォンテーヌブローとシンガポールにあるキャンパスを自由に選択することができます。ウォートンとのエクスチェンジプログラムを活用して1年間の留学中に、シンガポール、フォンテーヌブローとアブダビの3都市で勉強する学生もいます。

ページの先頭へ