TOP > MBA留学案内TOP > 欧州MBA一覧 > 西ヨーロッパ:ドイツ > HHL Leipzig Graduate School of Management

HHL Leipzig Graduate School of Management

Handelshochschule Leipzigとして1898年にドイツ初のビジネススクールとして設立され、国内におけるビジネス・マネージメント教育をリードしてきたスクール。

スタッフは、フレンドリーで、迅速、かつ、フレキシブルな対応をしてくれます。小規模なスクールですので、大変アットホームな雰囲気があります。

2004年に、AACSBより、ドイツで最初の私立のビジネススクールとして認可を受けました。パートナー関係を結ぶ大学が130以上もあり、リーダーシップにフォーカスをしたプラクティカルなプログラムです。旧東ドイツの都市ライプチヒに位置するスクールとして、東西ドイツ統一後の都市の発達過程を目の当たりにしてきたことがこのスクールの強みの1つとも言えます。

学生層

クラスサイズは40〜45名と比較的小さく、2016年のクラスの平均年齢は29歳、90%は外国人で構成され、20カ国から学生が集まっています。南北アメリカが30%、アジア40%、中東、ヨーロッパが30%とバランスも良いです。平均職業経験は5年で、バックグラウンドも多岐に渡っています。

学校の雰囲気

ベルリンより南へ電車で1時間半ほどいったチェコに程近いライプチヒの地にある大学です。
ライプチヒ中央の駅よりトラムで5-10分の位置に大学がひろがっており、とくに広大な大学でもありませんが、大学にグランドや体育館が整っています。2006年にはサッカーのワールドカップのホストも務めたスタジアムも近くにあります。また、ライプチヒ大学とキャンパスを共有していますので、スポーツなどを通した彼らとの交流の機会も多く、トラムで10分ほどでアクセスできる街中には公共のエンターテイメント施設が整っているため、学生らしい生活を楽しむことが出来るかと思います。

また、町自体は、歴史が古く、見所も多いほか、冬は周りでスキーを楽しむことができるなどという魅力もあります。またオペラ座やコンサートホールなど文化にも溢れ、同時に、建築中の建物も多く、常に新しくなっていっている印象があり、活気があります。旧東ドイツの面影は殆んどなく、中心街にはモダンなショップが立ち並び、学生が楽しめるバーや、カフェもありますので、息抜きにナイトライフを楽しむことも可能です。

生活費及び授業料が比較的安くすむのも魅力的であるといえるでしょう。

強い分野

・リーダーシップ、マネージメントスキル、企業にフォーカスをおいた、非常にプラクティカルなプログラム

・ 素晴らしいキャリアサービスと、ドイツ在の日本人学生に対するプレイスメントオプション−オンキャンパスでのカンパニープレゼンテーション、そのほかイベント、またオンライン上のキャリアサービスサポートも充実しています。日本人の卒業生は、卒業後Johnson & Johnsonや、コンサルティング会社のSimon, Kucher & Partnerなどで活躍の場を得ています。2016年The Economist Full-time MBA Rankingでは、Career Entry Categoryにて世界のTop 20に含まれています。また、Financial Executive MBA Ranking 2016でもCareer Progress worldwideで15位と、スクールがキャリアサービスに力を入れていることが伺えます。とにかく個人ケアを徹底しているスクールですので、その結果が反映されていると言えるでしょう。キャリアチェンジを考えている方にも向いています。

プログラム

Fast Trackの15ヶ月のプログラムと、21ヶ月のAdvanced Trackがあり、後者は海外でのオプショナルタームか、インターンシップなどが含まれます。またDouble Degreeも可能で、オーストラリア、コスタリカ、フランス、日本、ノルウェー、ペルー、台湾、アメリカのパートナースクールとHHLの両校から学位を得ることができます。

リーダーシップ及びグローバルな経験に特にフォーカスをおいた新しいプログラムで、指導陣はケース、プロジェクトワークや時には著名なゲストスピーカーなどを招いて、常に実社会から最新のマネジメントにおける知識を得ることが出来るように配慮してプログラムを組み立てています。
コミュニケーション、チームマネジメント、プロジェクトマネジメント、などで学生たちがソフトスキルを伸ばすことが出来るよう、プログラムは組み立てられています。

Student Consulting Projects では、Allianz, Mercedes-Benz, Coca-Cola, Boschなど企業から、ローカル企業やstarts-upsまで、幅広いつながりを利用したプロジェクトが可能です。

MBAの他、MScのコースも充実しており、MBA同様小規模で大変ケアの行き届いたプログラムです。特にMScでもインターン、キャリアサービスがコースの重要な位置を占めており、スクール全体がよりプラクティカルな側面に重きを置いているといえるでしょう。ドイツ語ができると、就職の選択肢もまた大きく広がります。

 

2002年度 大学院留学事典 アルク社
HHL/ Business-Paradigm情報提供

ページの先頭へ