TOP > MBA留学案内TOP > 欧州MBA一覧 > 西ヨーロッパ:ドイツ > HHL Leipzig Graduate School of Management

HHL Leipzig Graduate School of Management

新垣 豊さん HHL /ドイツ

プロフィール

2008年よりドイツ在住
HHL Global Executive MBA (2014年入学)

HHLについて

ドイツのHHLが提供するGlobal Executive MBAプログラムは、スペインにあるEADA Business Schoolと共同で提供するMBAプログラムで、今日の非常に競争が激しいグローバル化したビジネス環境で働くための経営幹部を養成するプログラム内容となっています。生徒数15〜20名がドイツ、スペイン、ブラジル、中国、インドの5カ国において、 1週間程の全8回のモジュールを21ヶ月かけて受講します。Full Timeでの受講と異なり、働きながら、会社の休日を使って通うことができ、ヨーロッパだけでなく、世界中から受講のために2ヶ月に1回のペースでモジュールの行われる国に集まり、その国におけるビジネスのあり方を含め、広く学ぶことができる内容でした。

生徒全員が就業しながら本プログラムを受講しており、限られた時間の中で大変でしたが、お互いに助け合い、ケーススタディーを野球の千本ノックのように受け、これまでに無いほど短い期間で多くのことを学ぶことができたと実感しています。

プログラムを終了すると、HHLとEADA両校の卒業資格を得ることが出来、また、両校の卒業同窓生グループに登録することが出来ます。2つのMBA卒業生のネットワークを利用することができることも大きな利点となっています。

クラスの雰囲気は、年齢層が30歳台から50歳台と幅が広いですが、経験豊富な方が多く、競い合いながら学ぶというよりも、お互いの経験を共有し、助け合いながら学べたと感じています。私にとって、経営学の知識と英語力の更なる向上は大きな収穫でしたが、この仲間達と出会えたことが一番の収穫だったと感じています。

曽羽 敏秀(そわ としひで)さん HHL/ドイツ2003-2004年MBA在校生

プロフィール[インタビュー実施:Oct 2004]

曽羽 敏秀さん
2003−2004年 HHL/MBA在学生

HHLについて

「チームワークで仲間と学ぶ」。これがHHLのスタイルです。HHLの学生や教授陣は非常に国際性豊か。小人数制の分、コミュニケーションも密で、チームワーク、リーダーシップが求められます。15カ月という短期間で、最高のプログラムをヨーロッパの中心であるドイツで学べるのはHHLしかないと思います。国際企業と接触するチャンスも多く、非常に刺激的で勉強になります。ライプツィヒは歴史と近代性を兼ね備えた小さな街です。街は音楽と人々の笑いにあふれ、1km四方の小さな中心街に、銀行、市役所、百貨店、病院など、ありとあらゆるものが集まっています。言葉も英語で十分通じますし、路面電車があるので便利で快適な生活が送れます。

zページの先頭へ