TOP > MBA留学案内TOP > 欧州MBA一覧 > 西ヨーロッパ:アイルランド > University of Dublin, Trinity College

University of Dublin, Trinity College

アイルランドのOxbridge.

Trinity Collegeは中世からの長い歴史を有し、数々の偉人を輩出してきました。Oxford、Cambridgeと並ぶ超名門大学として、欧州のみならず、北米をはじめ世界中の英語圏で非常に高い知名度とブランド力を誇っています。その為、Trinity Collegeのビジネススクールが提供するMBAプログラムにも、例年、北米をはじめ英語圏出身の学生からの出願が多いのが特徴的です。
また、同校の卒業生ネットワークは、特に北米東海岸を中心に英語圏で大変活発です。欧州のMBAを学びながら、欧州、北米双方にネットワークを築くことが出来る点は大きな魅力です。

学生層

有名大学が母体のビジネススクールですので、バックグランドもそれ相当である学生が集まっています。 学生の平均年齢は、例年30歳を超えており、落ち着いた雰囲気があります。 クラスの国籍配分は、例年、欧州や北米大陸の学生が多く、英語ネイティブスピーカーの割合が高いのが特徴的です。英語力を鍛える上では絶好の環境です。

また、余談ですが、アイルランド系移民のネットワークは、世界中に5千万人以上いるといわれ、アイルランドでの生活はビジネスの場での話のきっかけのひとつとして、役に立つ機会もあることでしょう。

学校の雰囲気

ダブリンを訪れるとアイルランドを誇るビールメーカーのギネスと並んで観光スポットとなるTrinityカレッジ。その歴史は大変古く、イギリスのOxfordやCambridgeの姉妹校として設立されました。その 図書館やキリスト教界の至宝「ケルズの書」は大変有名です。大学の正面入り口からは学内 Walkingツアーが出発しており、それぞれの建物の歴史の解説を受けたり、図書館を見学したりすることが出来ます。その他、ほとんどのダブリン観光ツアーでは必ずここを訪れます。図書館にあるおみやげ物店では、絵葉書は勿論、様々な物が販売されています。このあたりも、Oxbridgeと似ているかと思います。

ビジネススクールの建物は、それらの‘名所’の影になるようにたてられており、静かな環境の中で勉強することができます。少人数ですので、大規模な講義室や MBAのみの建物はございませんが、4〜5人に1部屋のシンジケートルームが与えられ、世界に名だたる一流の大学の 中で、欧州留学の醍醐味を味わうことが出来るでしょう。

ダブリンには、Facebook, Linked-In, Microsoft, Intel, Googleが進出するなど、IT企業をはじめとした国際企業が多数進出しています。その他、金融や保険業も盛んであり、Trinity Collegeはこれら企業との充実したネットワークを築いています。ダブリンより欧州各都市へのアクセスは良好であり、ビジネスの中心にいることを実感できます。
また、アイルランドには、高スキルを有する非EU圏の方々に就労ビザを提供するスキームもありますので(2016年5月現在)、卒業後には現地での就職のチャンスがあるかもしれません。
この地域の英語は日本人にとりまして分かりやすいこと、治安もよく地域の人々の人柄が良いこと、物価 がロンドンなどより比較的安いこと、教育が発展していることなどにより過ごしやすい生活を期待することができます。また、パブで語り合う文化は、コミュニケーションスキルの向上にも役立つことでしょう。

プログラム

ビジネススクールは、その充実した企業ネットワークを活かして、学士レベルからExecutive Educationまで、大変実践的なコースを提供しています。
MBAは、特に、起業、ストラテジーに強いのが特徴です。また、企業倫理や社会的責任といった、近年益々注目の高まっている分野にも力を入れており、中世からの歴史あるカレッジにいながら、最先端のビジネストレンドを学ぶことが出来ます。
MBAプログラムの目玉となるCompany Projectは、実際の企業のケースを取り扱い、最終的には提案まで行うコンサルティングプロジェクトです。MBA前半のコアコースで学んだ理論を即実践に移すことで、スキルや知識の吸収を確実なものとしています。
Leadership Professional Developmentというコースでは、ほぼ学生一名に対し、一名の指導教官が就き、個人個人のニーズに合った指導を行います。将来のリーダーとしての資質を高め、更なるキャリアの発展をサポートしています。

ページの先頭へ