TOP > MBA留学案内TOP > 欧州MBA一覧 > 西ヨーロッパ:イタリア > SDA Bocconi School of Management

SDA Bocconi School of Management

経営・マネージメントが専門のプライベートの大学・ビジネススクールですMBAとしては欧州・世界でも トップランクで、その名前は様々なメディアのランキングなどでもとりあげられています。

語学コースのサポートも充実しており、英語クラスやイタリア語クラスなどが提供されています。交換留 学制度が充実しており、欧州内のスクールはもちろんのこと、アメリカ、ブラジル、中国、それから日本 のスクールとも提携しており、選択肢は豊富にあるのも魅力です。

2008年度より12ヶ月のフルタイムMBAプログラムとなりました。

Status: Private, affiliated to Bocconi University

学生層

‘人’ をFocusするスクールで、チームワーク、コミュニケーション力などを本当に重視しています。入学時 のエッセーやReference, Interviewで判断されるのはもちろんのこと、入学後もスタッフがよくサポートを しています。グループワークが多いため、このポイントはクリティカルです。また、卒業後のネットワークも 発展しており、ビジネス、プライベート共々卒業後もこのスクールを卒業した恩得を得ることはたくさんある のではないかと思います。

2008年度の情報によりますと、学生は約30カ国から集まっており、その内訳は、オーストリア、ブラジ ル、ブルガリア、カナダ、中国、コロンビア、クロアチア、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、インド、イ スラエル、イタリア、日本、レバノン、リトアニア、メキシコ、パキスタン、パナマ、ペルー、ロシア、セルビ ア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコ、イギリス、アメリカ、ベネズエラと国際性に富んでいます。

学校の雰囲気

ミラノ市内南部、Bocconi大学の近くの1つの建物がMBAやMIENなどマネージメント関連大学院過程の コースを提供する形になっています。地下鉄やバスは便利がよく驚くほど安いので市内の移動は快適で す。ただし、ご存知のように、交通渋滞がはげしいミラノでは一般の車やタクシーの使用はお勧めではあ りません。

校舎は古い建物でマネージメント関連の大学院課程のみが入っているため落ち着いています。

住居は一般の住居をスクールが斡旋してくれて探すような形になります。

筆者の感想:
ミラノ自体の環境としましては、冬は東京と同じぐらい寒く、東京ほどではないにしてもなかなか人ごみの 多い都会の生活です。物価は安く、スキーでも言われるように‘同じ山をすべってもイタリア側へ降りて いくと安く、フランス側は高い、スイス側はもっと高い’といったところでしょうか。10年前に比べて英語を 話す人はだいぶ増えましたが、それでも一般の交通機関を利用する限りほとんどの人はまだまだ英語を 理解せず、ある程度の知識があったほうが生活はしやすいかと思われます。

強い分野

[人をフォーカスしているところ]
チームワーク、パーソナルディベロップメント、また卒業後のネットワークなど。

[Entrepreneurship]
イタリアの70%経済はスモールビジネスで支えられているといいます。起業精神やそのような環境を在 学中に自分の目で見る機会があるかと思います。

Internship / Group Project等

[Finance]
数理的なセンスを徹底的に構築し、コース中盤からはファイナンスのディテールに入り込んでいきます。

2008年在学生コメント:ボッコーニでは、学問の基礎を築いてから後半の選択科目に移りますので、苦手 分野を克服できるということが言えます。大学が母体になっているので、若干古典的かつアカデミックな スタイルかと思います。

プログラム

1. MBA
12ヶ月のコースと短くなりました。(2008 October intakeより)

かつては、イタリア語のみ、もしくは英語・イタリア語ミックスなどの方法で受講が可能でしたが、2008年 度スタートからのコースは英語のみでのコースとなります。ただし、海外からの学生にはオプションとして イタリア語のコースは提供されるということです。

平均4年ぐらいの職歴を持っている方が多く、平均年齢は29歳ぐらい。

Fashion及びLuxuryのコースについては、今はMAFEDとして提供されています。

英語によるEMBAも開始されました。

2. Internet
2001年1月スタート。ブローシャーなども全てInternetベースです。

ページの先頭へ