BSL Business School Lausanne

スイスのローザンヌに位置するビジネススクール。ローザンヌはレマン湖のほとりにある美しい街で、レクリエーションも充実しており、環境的に恵まれた位置に立地しているスクールです。 学生の街でもあり世界中から2万人の学生が集まって来ています。スイスは銀行、商業、観光業をはじめ、多くの多国籍企業がその本部を置いており、MBAに魅力的な環境でしょう。

小規模制を重視しており、1クラスを20人以下に絞っているため、学生と教授陣、スクールスタッフ間の距離も非常に近く、パーソナルケアを受けることが出来ます。

ACBSPから認可を受けているビジネススクール。

Status: Independent

学生層

1クラスの学生は20名以下に抑えられています。スクールには2016年現在世界14カ国からの学生が集まってきており、小規模ながらも国際性豊と言えるでしょう。
バックグラウンドはIT/engineering が強い傾向があります。平均年齢は34歳とやや高めで、落ち着いた雰囲気があります。 平均年齢は34歳とやや高めで、落ち着いた雰囲気があります。

学校の雰囲気

自然に恵まれ、学習に集中できる環境が整っています。また、小規模制であることから、スクール内のコミュニケーションは円滑に行われており、フレンドリーな雰囲気です。このような環境でありながらも、教授陣は高いアカデミィックの資格を持つだけでなく、現代のビジネス界における成功者でもあるため、学生は常にビジネスの刺激を発見するチャンスに恵まれています。

全ての授業において、学生は積極的な参加が求められています。これは、ディスカッションなどにおいて、個々の意見や考えを発言し、クラスに貢献することが求められます。

強い分野

スクールの使命として、学生たちに、今日のグローバルなビジネス環境の中で、企業を管理し、成功に導くスキルや知識を身につけさせるため、包括的で質の高い教育を提供することを一つとしています。

そのため、リーダーシップスキルに重きを置いており、personal leadership modulesが基礎コースの40%を占めています。

プログラム作成に関わったCEOs達が設定したリーダーとしての以下の3つの資質を育成することを目的としています。

- Ability to lead and be flexible to change
- Be an authentic communicator
- Ability to easily adapt to different perspectives

Real-life simulations, strategy games, case studiesや4ヶ月のconsulting projectなど、コースは実践的です。 交換留学などの海外体験の機会はあまりありませんが、スイスの立地条件からヨーロッパの諸都市へのアクセスは容易ですし、多国籍企業も多く、スイスの主な公用語であるドイツ語、フランス語、イタリア語に加え、英語も日常的に使われていますので、大変国際的な環境です。

Executive MBA in Sustainable Businessも提供されており、こちらのプログラムを終了すると、BSLよりMBAが、また、University of St. GallenよりDiploma in Sustainable Businessが授与されます。 1.5年間のフルタイムでの受講が可能です。

News

ページの先頭へ