1. TOP
  2. >
  3. MBA留学案内TOP
  4. >
  5. 欧州MBA一覧
  6. >
  7. 西ヨーロッパ:スペイン
  8. >
  9. IESEl

IESE

IESE Business School(イエセ)は、スペイン発祥の世界トップランクのビジネススクールです。1958年にナバーラ大学の大学院として設立され、1964年に米ハーバード・ビジネス・スクールとの提携によって欧州初の2年制MBAプログラムを開始しました。IESEおよびナバーラ大学はカトリック教会の属人区であるオプス・デイを母体として設立された経緯があり、ビジネスの世界でも単なる利益追求ではなく、倫理観や社会貢献を非常に重要視しています。また、歴史的に、アフリカと中南米のビジネススクール約15校の設立を支援してきました。現在では、バルセロナ、マドリード、ニューヨーク、ミュンヘン、サンパウロにキャンパスを展開し、グローバルでMBAや企業幹部向け研修(エグゼクティブ教育)をはじめとする経営者育成プログラムを提供しています。六本木アカデミーヒルズ内のIESE東京オフィスに同MBA卒の常駐職員もいますので、日本でのプレゼンスが大変高いです。

Financial Times 2017 Executive Education Ranking # 1 in in the world
Financial Times 2018 MBA Education Ranking # 11 in in the world, # 3 in Europe

学生層

約60か国から学生が集まっています。その割合は、欧州約35%、アジア約25%、南米約20%、北米約15%、その他約5%となっています。スペイン以外の国出身の学生が、約85%を占めています。日本からも例年約15人が参加しており、社費/私費の割合は年によって異なるものの極端な偏りはありません。女性が約32%を占めます。入学時点での学生の平均就業年数は、約5年(最低要2年)です。

学生はこのような多様性豊かな環境になじむ、そしてその努力を惜しまないことが求められます。一定水準を超えた語学力の他、他の学生と貢献し合うことのできるコミュニケーション能力やビジネス経験を有していることが求められています。

学校の雰囲気

MBAプログラムの約95%が実施されるバルセロナキャンパスは、落ち着いた高級住宅地に位置しています。坂がきついエリアですので、足腰が鍛えられます。バルセロナ中心部には、徒歩、バス、地下鉄等で、20-30分かかりますが、簡単に出向くことができます。日本人は、一般的には、キャンパスから20-30分のサリアと呼ばれる閑静な住宅街に居住する傾向が強いです。

MBAの施設である南キャンパスはこじんまりとしていながら、庭園や池などを擁し、丁寧に手入れされています。一方、道を挟んだところに所在し、主に企業向け幹部研修(エグゼクティブ教育)や一部の大きなMBA関連のイベント(キャリアフォーラム等)で利用する北キャンパスは、バブル期を思いださせる豪華な空間であるとともに、その屋上からはバルセロナ全体を見渡すことができる建物です。バルセロナの物価は、欧州のその他大都市に比べると低めで、生活費を抑えることも可能です。冬も暖かく、天候不順の日も極小で、食べ物やワインも美味です。住民はラテン系独特の接し易さがあります。、また、サグラダ・ファミリア等世界遺産が街中に点在しており、欧州随一の強豪フットボールチームであるFCバルセロナの本拠地でもある、等々を踏まえると、学生にとってもご家族にとっても快適なバルセロナ生活を期待することができそうです。

学校の成績評価は全て相対評価で、成績評価の少なくない部分(科目によって異なるが、平均40-50%)が授業内の個人としてのパーティシペーション(質+量)によって評価されます。各科目の下位10%の学生が「C」とみなされ、年間一定の「C」を獲得すると、放校の可能性もあるという厳しい側面もあります。その一方で、チームやクラスの仲間をサポートする姿勢を持った、そしてその重要性を理解している学生が集まっており、学校全体としては相互に助け合う協力的な雰囲気があります。

強い分野

ジェネラルマネジメントと人格教育に重きを置いています。その手法として、グローバルビジネスリーダーに必要とされる意思決定能力を磨く訓練としてのケースメソッド(ケースの分量は2年間で700超、全講義の約8割に該当)、及び、日々のグループワーク(1年生時は8-9人固定のチームで毎朝75分、授業の予習が目的)が特徴的で、1年目は他校と比較しても忙しい日々となりますが、チーム内で助け合いながら徹底的に自分自身を鍛え上げたい方には理想的な環境があります。

全学生に授業の選択権がなく、ビジネスのあらゆる分野を同じチーム・クラス(約70名)で網羅的に学ぶことになる1年目とは対照的に、2年目には100以上の選択科目の中から授業を自由に選択可能です。全般として、2年目には、ケースを土台にした授業の量と割合が減り、コンサルティングプロジェクトやゲストスピーカーの話を聞く機会が増えます。約30校(半分程度は米国)から1校を選び、1つの学期(4学期あるいは5学期、3-4か月)を使って、交換留学することもできます。また、海外モジュールでは、ニューヨーク、サンパウロ、上海、ナイロビにて、各2週間、各拠点ならではの授業に参加できます。特に、サンパウロ、ナイロビの2週目は、現地企業へのコンサルティングプロジェクトに充てられています。

また、アントレプレナーシップのリサーチセンター及びベンチャーキャピタル(Finaves)が、学内にあります。特に、ソーシャル・アントレプレナーシップの分野では、Doing Good Doing Well(全世界のMBA生で本分野に関心のある学生なら誰もが知るカンファレンス、例年2月に開催)等、強いイニシアチブが複数あります。卒業後10年以内に起業する学生が約20-25%となっています。

MBAの授業は、原則英語で行われるので、スペイン語に係る取組みは全て任意ですが、ビジネス・スパニッシュ・プログラム(BSP)は、週3回(月水金)各2時間、週に計6時間、MBAの授業3コマ終了後の夕方に提供されており、追加費用不要で参加できます。パートナーも参加できますが、1時間あたり約9ユーロの支払いが必要となります。リスニング・リーディング・ライティング・スピーキングをバランスよく学んでいきます。

教授は全員がPhDを保有しており、世界30カ国超から集まっています。殆どの教授が自ら企業のコンサルティングをしています。彼らは、その経験をケース執筆の材料にする、あるいはゲストスピーカーとして授業に招集するという形で活かしています。教授は、オープン・ドア・ポリシーの下、学生からの要望を踏まえ、面会に応じる義務があり、授業での疑問点解決のみならず、キャリア、リサーチ、人生相談等幅広い点で心強いメンターとなります。1年生時の各固定チームには、各1名教授が指名されていますので、特に同教授とは密接な関係を構築することになります。各学期(3-4か月)に一度、教授がランチ・ディナーを催すことが一般的です。

業界・拠点ごとに担当者を多数抱えるキャリアサービスに定評があります。彼らの大多数がIESE MBAの卒業生なので、学生へのカウンセリングという点においても強みがあります。年2回計50社超がキャンパスに赴く形で開催されるキャリアフォーラム、各業界の理解を深めるために興味のある学生が試験休み等を活用して現地に赴き、会社訪問等を実施するキャリアトレック(例:バーゼルで開催されるヘルスケアトレック)等は、キャリアサービスの有する広範な企業とのネットワークを証明しています。日本に拠点のある多くのMBA採用企業も、欧州内の最優先拠点の1つとして、IESE+ESADEで相当な日本人量を誇るバルセロナに、採用目的で赴いています。2年生プログラムの優位性として、1年生と2年生の間の夏季休暇約13週の間に実施するインターン(日本人の場合2-3社実施する場合も少なくない)を通じ、特にキャリアチェンジを図る学生にとって、キャリアを慎重に考えることができる環境がありますが、キャリアサービスは大いにその助けとなります。

卒業生ネットワークは、全世界で45,000人超です。日本では200人超ながら、近年では例年約15人が入学していることを踏まえると、急速な拡大が予想されます。教授の来日機会等を利用して、アルムナイ向けの大型イベントも東京にて、不定期ながら頻繁に開催されています。2年制プログラムの更なる優位性として、上下1学年も含めた計3学年とは在学中に密なつながりを築くことができますので、卒業後のネットワーク拡張も比較的容易です。

クラブは、約70存在し、プロフェッショナル、リージョナル、ソーシャル、スポーツの4種類に分かれます。プロフェッショナルクラブは、前述のキャリアトレックあるいはケースコンペティション等多くの活動をキャリアサービスと連携して手掛けています。フィンテックやサーチファンド等に特化した、時流に乗ったクラブも次々と生まれています。

IESEは、企業向け幹部研修(エグゼクティブ教育)も提供しており、MBA以上に高いランキングとなっています。エグゼクティブ教育のランキングは、参加者の給料ではなく、提供している教育(教授・教材・教授法)の質に対するプログラム参加者からの評価に基づいて設計されており、同様の資源に基づいてMBAプログラムが提供されていることから、いかにIESEの教育自体への評価が高いかが伺えます。

プログラム

MBA(既述)
EMBA(Executive MBA、週末パートタイム制、18か月、平均年齢33歳)
GEMBA(Global Executive MBA、モジュラー制、16か月、平均年齢39歳)
その他各種エグゼクティブ教育(オープンプログラム+カスタムプログラム)
ページの先頭へ