TOP > MBA留学案内TOP > 欧州MBA一覧 > 西ヨーロッパ:イギリス > HULT INTERNATIONAL BUSINESS SCHOOL

HULT INTERNATIONAL BUSINESS SCHOOL

ビジネススクールで学びながらも、現実のビジネス界に常に身を置く実践性の高いプログラムです。
Hultは、もともと1964年に世界初のコンサルティングファームArthur D. Little社によって米国ボストンに設立されました。設立された目的は、同社が請け負うプロジェクトに携わるメンバーの育成でした。プロジェクトメンバーに短期間で必要な実務理論・スキルを教育する必要があり、この為、Hultのプログラムは「時間管理の重要性」、「実践性」を強く意識した構成となっています。
2017年のエコノミストのランキングでは、世界54位にランキングしており、トップクラスのビジネススクールとしてメディアでも頻繁に取り上げられています。
2018年には、AACSB、EQUIS、及びAMBAより認証を受け、米国のビジネススクールとしては、初の、そして唯一の3冠に輝きました。

学生層

2017年度のMBAクラスの平均年齢は、31歳、平均職歴は7年となっており、経験豊富な学生が集まっています。学生の90 %がInternational Studentであり、大変国際的な雰囲気が特徴です。学生の出身業界は、メディア、技術系、エンジニア、コンサルティング等々、多岐に亘っています。

特徴

HultのMBAプログラムの特徴として、LEAPメソッドが挙げられます。Learn、Experience、Action Projectという三段階に分かれており、第一段階のLearnでは講義を通じてのアカデミックな知識の習得、第二段階のExperienceでは、各業界のリーダーによる講演や企業訪問を通じて、第一段階で学んだ知識を現実のビジネス界に連携させます。第三段階のAction Projectでは、少人数のグループにて、実際の企業のケースに取り組みます。

学校の雰囲気

Hultは設立以来、グローバルビジネスリーダーの育成において先駆者的役割を果たしてきており、真に国際的なビジネススクールとして発展してきました。そのMBAプログラムは、ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコ、ロンドン、上海、そしてドバイの合計6キャンパスで提供されています。グローバル・キャンパス・ローテーションプログラムの学生は、5つのモジュールから構成されるMBAプログラムのうち、3モジュールをご自身が当初選択されたキャンパスにて学び、残りの2モジュールを他のキャンパスにて学ぶ事が出来ます。
従いまして、1年間のうちに、最高3キャンパスを体験するチャンスがあります。何れのキャンパスも、国籍、出身業界が多彩です。

強い分野

MBAプログラムは、経営スキルを幅広く習得することを目的に構成されておりますが、特に、Finance、Marketing、Business analyticsに強いのが特徴です。

プログラム

  • MBA
  • Masters in International Business
  • Masters in International Marketing
  • Masters in Business Analytics
  • Masters inFinance
  • Masters in Disruptive Innovation

その他、英語スコアが不足している方々を対象に、Pre-MBAコースも提供しています。

ページの先頭へ